結局「5G」って何がすごいの?

アウトプット

5Gとは

2020年今年の春にサービスの開始が予定されてる次世代ネットワーク5G(5th Generation)。

アメリカ、韓国をはじめ、スイスや英国では既に商用サービスが開始されており、日本では通信業者4社(NTT、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル)に周波数が割り当てられています。

あらゆる物がアップデートされ、より身近に技術革新を肌感覚で感じるのではないでしょうか。

5Gまでの歴史

ここで5Gまでの歴史を簡単にまとめておきましょう。

https://iot.kddi.com/5g/

1G:アナログ無線技術によるモバイルネットワーク

2G:デジタル無線技術によるモバイルネットワーク、メールなどの携帯データ通信の利用が本格化。

3G:高速化と世界中に持ち歩ける時代、1Gと2Gは地域限定の携帯電話。

今のように1台で持ち歩いて世界中で使用できませんでしたが、3Gでそれが可能になりました。

4G:高速化技術「LTE」とスマートフォン、スマートフォンの台頭とともに2010年代に登場した「LTE」(Long Term Evolution)は、さらなる高速化を実現し、スマートフォン1台で楽しめる、まさにスマートフォンの為の技術革新とも言えますね。

ここまでが4Gまでの流れです。では、5Gはどのような位置付けになるんでしょうか。

5Gの3つの特徴

5Gの3つの特徴
  • 超高速、超大容量
  • 低遅延
  • 多接続
https://kakakumag.com/pc-smartphone/?id=10188

通信速度は約20倍、遅延は約10分の1、多接続数は約10倍になることが分かります。

超高速、超大容量

5Gには、1秒に10GBのデータ伝達能力があり、2時間の映画なら3秒ほどでダウンロードができます。

大体の映画やDVDなんかは10秒あれば可能なんじゃないでしょうか。

ダウンロードによる待ち時間が減るのは嬉しいですよね。凄すぎます。

低遅延

低遅延と聞くと、あまりイメージが出来ないかもしれませんが、例えばビデオ通話や中継先との通信の誤差が大幅に無くなってくる、ロボットアームによる遠隔治療が可能になるなど。

「場所」と「場所」の差がこれから更に近づき、かつリアルタイムになってくると思います。

多接続

世界では現在、最大でも150億台程度の携帯電話の接続が可能となっており、5Gが普及することで1,500兆台の接続を可能にするそうです。

これだけの接続が対応出来れば4Gまでのもので対応が難しかったものが可能になり、接続によるパンクも起こることが少なくなるはずです。

HESYOUDESU

【アパレル兼投資家】28歳|理大系⏩アパレル|コーヒー好き☕️|『日々の学び』『為になる呟き』を心掛けてます⏩|行動、継続、論理的に考えるのが得意|120万の年間配当目標|⏩【不労所得】を増やす為に2019年から株主優待と高配当株を中心に投資

⬇️HESYOUDESUはこちら⬇️
アウトプット
冷えブログ